カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
オススメ

テーマ
このページの料理
月ごとに読む
お気に入り
プロフィール
Search This Site
プロフィール
椎名奏木


◎2014年秋より旅するカレー屋スプンフル休止中。
2015年7月より自由で気ままな会社員になります。
解析
instagram
Others
理 想 は お 店 の 在 庫 に は な い か ら 帰 っ て 自 分 で 作 ろ う

スポンサーサイト - -

一定期間更新がないため広告を表示しています


▲この記事に対してtwitterでつぶやけます。
サグカレー、夏野菜のスパイス炒め - カレー研究


サグカレーってタイムラインでまこがあげてて「サグいいねー、ほうれん草あるある」とほうれん草を茹でてハンドブレンダーでガーッとペーストに。
玉ねぎ一個はクミンと唐辛子二本で炒めてにんにく生姜のおろしたの加え、ターメリック、挽きたての黒こしょう、ガラムマサラ。トマト缶ピューレにしたのひと缶。
これが多くて、あとでサグカレーがサグ色にならない。
トマトの酸味も勝つ。
でもあえて重曹は入れなかった。
サグペーストとゆで卵を入れて一煮立ちで完成。塩は小さじ1。


食べきれそうもなくて干していた茄子を賽の目、パプリカも賽の目にして、マスタードシードと唐辛子のオイルで蒸し焼き。ターメリックと塩だけで味付け。
こっちも塩は小さじ1。
酸っぱいカレーとしょっぱい炒め物でバランス。
ご飯は押し麦と白米で。

↓感想
とはいえ、トマト缶はほうれん草1袋につき半分でもいいかも。
マスタードシード、唐辛子、ターメリックと塩だけで炒め物はなんでもいけそう。
なんなら、カレーと言い張れそう。

早起きして家事をして、午前中に作った用事を作 外で済ませて、帰ってからまた大掃除。
夏と冬の二回に分けるのよさそうだ。
起き抜けが雨でやる気がなかった割には上出来の日曜日。

▲この記事に対してtwitterでつぶやけます。
カレーメモ(レシピ/お店) - カレー研究
チキンビンダル(レシピ)
 
ナーガルジュナ(お店しかし閉店)
 
山手茶屋(お店/代々木上原)
 
 

▲この記事に対してtwitterでつぶやけます。
August.2nd Saturdayでした - カレー研究
南インドチキンカレー+みょうがの日本式チャツネ+えだまめごはん 

昨日は入谷のtocoでカレーの日でした。
大量のたまねぎとししとうを刻むに際し、キッチンにてフープロを発見。
喜び勇んで使わせていただきました。速い!

たまねぎから沢山出てく水分だけで作ったカレーです。
枝豆は、tocoの代表のおばあちゃんの野菜が送られてきたのをわけてもらいました。
塩ゆでしたらぷっくり枝豆、これがめちゃめちゃ味が濃くておいしいの。

お越しいただいたみなさま、ありがとうございました。
来月は豆カレーの予定です。
第二土曜日にお会いしましょう。

【ごはんユニットSPOONFUL】http://spoonful00.jugem.jp/

▲この記事に対してtwitterでつぶやけます。
えびのカレー。 - カレー研究

いろんなところの有名カレーもおいしいんだけど、「ロイヤルホスト/夏のカレーフェア」が妙に来るものがありまして。
海老カレーってあのスタイリスティクスが流れてるようなロイヤルホストのキラキラベキベキ懐かしいゴージャス感と相まってちょっと特別なのです。

さて。
そんな私の中でダンスミュージックと呼応し合う海老カレー。

・たまねぎ、セロリ、にんにくしょうが、クミンを炒めてカレー粉を加えて練るように炒める。
・海老の下処理後、塩こしょう白ワインカレー粉でもみ込んで置く。
・殻を熱湯でくぐらせてからローリエと一緒にスープをとる。
・たまねぎのフライパンにエビスープとトマトをいれてぐつぐつ。
・付け置きの海老に粉をまぶして、別のフライパンでかりっと焼き色をつける。
・カレールーを2人前につき1/4かけくらい入れて味を見る。
・ヨーグルト・焼いたえび・を入れてぐつぐつして出来上がり。

※ルーを入れるなら塩はいらない。
※お砂糖の代わりにルーは甘みのあるものを。

えびのダシってやばいね、少量ですごくいいのが出ます。
本当に予想以上においしくできた。
足しひきは必要だけど、うん、結構なっとく!


▲この記事に対してtwitterでつぶやけます。
スパイスの比較:ローリエ - カレー研究
自宅で使っていたのは以前急ぎでスーパーで買ったローリエ。
先日出先で急に必要になって近くのお店で買ったローリエはギャバンのもの。
一カ所に保存しようと思って並べたら、かなり違うので驚いた。

右がスーパーのね。
着色などの加工が行われているような気配はパッケージになかったので、これはギャバンに軍配だなぁ。

▲この記事に対してtwitterでつぶやけます。
第二土曜日のお昼はカレーだって言ったでしょ。 - カレー研究
土曜はtocoでスプンフルでした。
もうどこを撮っても絵になるtocoなので、カレー写真がいっぱい撮れて嬉しい。

開店して、ポツポツお客様が見えて、ビール運んだり、お皿下げたり、お帰りになったり読書されたり。
手持ち無沙汰になっても身体が覚えているのでコップ磨き、机拭き。
拭かなくても怒る店長はいないのに、身体がいそいそ動くのは、いつも青筋立ててた島方さん(かつてのバイト先の店長)のおかげだね。

飲食ってやっぱり好き。
好みはもう少し放っとく接客。
好きなお店作りに近づけますように、第二土曜日。

閉店後、縁側でカレーを食べた。
贅沢だろう。
いっただきまーす。
教育の賜物か、こういうときビールが飲みたい、と思うようになったよ。

次回のカレーは何がいいかなぁ。

6月、あじさい、かたつむり。
薄紫色、しめっとしてすこしひんやりした空気。雨、逆巻く風。
ゼリーが食べたくなりそうだなぁ。
私も客席に座りたくなりそうだなぁ。
あ、そういう空間が出来た方がいいのか。
薄紫の、通り雨の、見上げたら空の向こうが少し明るい感じの。
6月の第二土曜日が楽しみ。

▲この記事に対してtwitterでつぶやけます。
自分のためのカレーの裏側 - カレー研究
3月15日の、自分のためのカレーの裏側です。






▲この記事に対してtwitterでつぶやけます。
とらちゃんのカルカッタカレー - カレー研究
ツイッター友達のとらちゃん(@torajirushi)から教えてもらったカルカッタのカレー。
凄くシンプルです。

<つくりかた>
.侫薀ぅ僖鵑妊ミンシードを乾煎りにする。
△ゃべつを細切りにして炒め、ターメリックと赤唐辛子、トマトのざく切りとすりおろししょうが、砂糖塩を加えて炒める。
水分が減ったら乾煎りクミンを入れておしまい。

教えてもらったのと少し違うけど、こんな感じで作りました。
炊きたてのタイ米と一緒に。スプーンよりフォークの方があうカレー。
本格的なインドカレーって、レシピがホントシンプルです。
ターメリックとクミンとカイエンペッパーがあればできる。

とらちゃん、教えてくれてありがとう!
キャベツが安いときはコレに決定★

クミンときゃべつは相性がいいので、きゃべつとクミンとソーセージを炒めたりしてもぐっとおいしいものが出来上がります。

▲この記事に対してtwitterでつぶやけます。
上町サイゴンのカレー - カレー研究
 
ナンはかりふわでよい食感。
昔大感動したカレーですが、慣れてしまって、普通にこっち系のカレーだな、と思いました。
進歩なのか、幸せなのか。

▲この記事に対してtwitterでつぶやけます。
魔女の大鍋 - カレー研究

大鍋一杯カレーを作りました。

カレーを作ってるときって言うのは煮込むのもいいんだけど、


肉の下ごしらえとマリネするのが凄く好きなのです。
仕込んだ肉に焦げ目をつける作業が一番好き♥



▲この記事に対してtwitterでつぶやけます。