カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
オススメ

テーマ
このページの料理
月ごとに読む
お気に入り
プロフィール
Search This Site
プロフィール
椎名奏木


◎2014年秋より旅するカレー屋スプンフル休止中。
2015年7月より自由で気ままな会社員になります。
解析
instagram
Others
理 想 は お 店 の 在 庫 に は な い か ら 帰 っ て 自 分 で 作 ろ う

スポンサーサイト - -

一定期間更新がないため広告を表示しています


▲この記事に対してtwitterでつぶやけます。
もの持つ捨てる - 続・注文の多い道具たち
繁忙期をおそらく抜けたであろう週末(そう信じたい)。

使わない食器を少しずつよけていたところで、ゆるりまいさんの本を読んで家の整理に開眼する。
捨ての変態になりたいというよりは、ただただ心地よく過ごしたい。

体調も完璧でなさそうなので、今の24時間7日をどう過ごしているかを振り返ることにした。

昼間はだいたい会社にいる。
週の2日を好きな服着て好きなことをしている。
衣食住を「仕事(5日)」と「趣味(2日)」に振り分けて考えると、必要な服や道具の比率も見えてくる。

私は道具が必要な趣味が多いかもしれないようで

《日常》
・バイク(メンテ道具、乗る道具)
・ジム
・家事(料理洗濯掃除美容健康大工裁縫)
・読書(紙か電子媒体)

《非日常(年に1、2回)》
・アウトドア
・スノボ
・旅行

て感じだった。

ここにさらに、《防災グッズ》を足して持ち物を検分していった。

今後増えていくのは本と調理器具と服だろう。

とりあえず、ジムとスノボについては
ジム用品は足りているのでウエアの出入りがあるくらいとしてボリュームは把握。

スノボははまり込む気はないのでレンタルできるものはレンタルですませる。
今後劇的な体型変化がなければウエアもこのまんまでいいや。

アウトドアに関しては、日常的に使っているバイク道具や調理器具がアウトドア寄りなこともあり、テントと寝袋を買い足すところまでは許す。

あれ。
増える話になっている笑。

持ち物がオーバーしているのは圧倒的に《調理器具》。

一人で使い切れない道具や、機能比較したくて複数買っていたものは、避けて減らしていくことに。
トングが10本とか、お皿が20枚とか、いらないもんね笑。
私を確実に支えていてくれた道具たちなので、おいそれ捨てづらいのもまた事実なのだけど、ここはのんびり会話していくことにする。

それと《微妙に好きでないもの》を減らすことにした。

触り心地が微妙に好きでないファブリック、匂いが微妙に好きでない化粧品、色が微妙に好きでない文房具。

見渡せば、この《微妙に好きでないもの》が意外と幅を利かせていて、お気に入りが隅にいる状況に目がいく。

ボダムも曲げわっぱもスタメンに格上げすることにした。

断捨離というと殺伐として感じていたけど、やりたいことは、好きなものをちゃんと使うことと気付く。

注文の多い道具たちとの新たなる戦いが始まるようであります。

▲この記事に対してtwitterでつぶやけます。
フォックスアンブレラの傘 - 続・注文の多い道具たち
傘、ずーっと探してました。

骨の多いタイプは和に寄りすぎて、自分が持つには力んで見え、傘専門店に並ぶ婦人傘はマダムの香り。
2000円前後の雑貨屋さんに可愛いものも見つけるけれど、もう少しラグジュアリーなものを持ちたいお年頃。
使い勝手の良い折りたたみは、使い勝手はいいけれど、どんな袋があろうとも鞄に入れると湿って不快。
いっそ、リュックを背負ってもリュックが濡れない変形タイプや、皇室御用達透明度抜群ビニ傘はどうかと考えてみるものの、主張が激しすぎて却下。
紳士用はどうだろうと思って探してみるものの、せめて身長が165センチくらいあれば・・・。
さしたときに大きすぎて凄く恥ずかしいんです。

なんでかさじ加減がとても難しいんだよねぇ、傘。
 
欲しいのはたたずまいの美しい傘。
メリーポピンズが持ってそうな美しい傘。

そんなことを思いつつ、所用で日本橋の百貨店巡りをしたところ、あるコーナーで雷に打たれました。
傘が大好きな国と言えばどこでしょう。
雨が降っても傘はささない。しかし曇天でもステッキ代わりに持ち歩く、紳士のマストアイテムとして傘を位置づけている国。

はい。
イギリスです。

グローブトロッターの文字に惹かれ、久しぶりにトランク撫でてこようかなとお店に入ったところ、ショーウィンドウにFOX UMBRELLAの日傘を発見。
竹を曲げたワンギーの美しさ、刺繍の細やかさ、タッセルの繊細さ。
何より、巻いた状態で持った時の傘の佇まいが美しすぎる。
写真は雨傘ですが、雨傘よりもこの日傘にやられてしまいました。
見ているだけで背筋が伸びて、上体が引き上がるようなアイテムは初めてです。
百貨店なので、今後のメンテナンスも確保。
以来、石突きを削らないように地面にはこすらないように持ち歩いていて、所作まで変わりそうです。
上品な日傘、麦わら帽子、自前のワンピース。
今年は帽子づいていて、帽子向けに前髪を切り、ワンピースも派手なものが多いし、ピアスホール再生に成功したので、翡翠のピアスでもして、15年ぶりにシノワズリーテイストで茶館に通って楽しもうかと思っていましたが。

500日のサマースタイルに舵を切ろうかな。

▲この記事に対してtwitterでつぶやけます。