カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
オススメ

テーマ
このページの料理
月ごとに読む
お気に入り
プロフィール
Search This Site
プロフィール
椎名奏木


◎2014年秋より旅するカレー屋スプンフル休止中。
2015年7月より自由で気ままな会社員になります。
解析
instagram
Others
理 想 は お 店 の 在 庫 に は な い か ら 帰 っ て 自 分 で 作 ろ う

<< 最近のスーパーで思うこと | main | スパイスの比較:ローリエ >>
スポンサーサイト - -

一定期間更新がないため広告を表示しています


▲この記事に対してtwitterでつぶやけます。
松田洋子さんのイマ・コンサートに行ってきた。 - 生活
クラシックが生で聴きたいなと思っていたら、雑技団の中村さんが「いく?」とお誘い下さったので二つ返事でお供することに。
スケジュールの関係で、睡眠時間が短いままのクラシックコンサート。超危険なよかん。

場所は千駄ヶ谷の津田ホールでした。
クラシックのホールの美しさって、音の広がりや響き方など機能を徹底した末の緊張感が寄与する部分が多いと思うのよ。
私もジャケットにスカートにビーズの小さなバックにアニエスb.のパンプスでお洒落。
ガラス窓にうつる自分をみながら、「そうか、こういう感じで会社行けばいいんじゃないの」と思いつつ。
おそらく靴の効果だと思うのだけど、背筋が伸びます。
今年はジャケットが好きみたい。

今日のプログラムは、
・シューマン:ピアノ五重奏曲 変ホ長調
・ドヴォルザーク:ピアノ五重奏曲 イ長調 作品81

のふたつ。

いい音だな〜と聴いていて、目をつぶったらより音の広がりが感じられて気持ちがよく気がついたら頭がガクっと落ちる。
のをなんどか繰り返しながらも楽しみました。
中村さんも仰ってたけど、クラシックの最上級の褒め言葉は「思わず寝ちゃったよ」なんじゃないかと。同意です。日常で脳が感じる気持ちよさとレベルが違うんですもん。

最後にアンコールでやった短い曲が好きなんだけど、どんな作曲者名を仰った気もするんだけどすっとんでしまった。
カタカナが記憶に残せない構造のメモリーのため、クラシックはちっとも深まっていかない。(洋画も同様。)
でもいろいろまた聴きに行きたいな。

松田洋子さん、ありがとうございました。
イマ・コンサート・イン・ジャパン
2011年6月4日(土)津田ホール(東京)
開場 14:30 開演 15:00 入場料 ¥5000(全席自由)
【出演】
松田洋子 / ヴァイオリン
瀬川光子 / ヴァイオリン
松実健太 / ヴィオラ
菅野博文 / チェロ
メルヴィン・チェン / ピアノ

▲この記事に対してtwitterでつぶやけます。
スポンサーサイト - -

▲この記事に対してtwitterでつぶやけます。
COMMENT