カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
オススメ

テーマ
このページの料理
月ごとに読む
お気に入り
プロフィール
Search This Site
プロフィール
椎名奏木


◎2014年秋より旅するカレー屋スプンフル休止中。
2015年7月より自由で気ままな会社員になります。
解析
instagram
Others
理 想 は お 店 の 在 庫 に は な い か ら 帰 っ て 自 分 で 作 ろ う

<< きらいきらいも好きのうち | main | もはや呪いで祝福・小沢健二 >>
スポンサーサイト - -

一定期間更新がないため広告を表示しています


▲この記事に対してtwitterでつぶやけます。
熱量の高いものに恋をする - 映画/音楽
 
猫沢エミ&スフィンクスの1stアルバム「Pyramidia」が2012年の3月7日にリリースされました。
これは猫沢エミの長いライブ経験の熟した証でもあり、音楽家として一線越えた結果でもある。
何かを表現する人は「向こう側」があることを知っている。
そこに辿り着きたくて、何かを生み続けている。
それが音楽だったり、文章だったり、写真だったり、絵だったり。
私も向こう側を見たことがある。
1回めはメイクアップアーティストの瑞美ちゃんと俳優のハナにカメラで参加したセッション。
2回めはなおくんのペイントとりうくんのギターとにコンガで参加したセッション。
そしてカレーを出しているとき。
セッションして向こう側を見たことがある人は、もう一回見たくなる。
純粋に。方法が確定できないけど、それを私は今も探してる。
猫沢エミ&スフィンクスの素晴らしいところは、毎回そのセッションを魅せてくれるところ。
圧倒的な熱量で、言葉もなしに、彼らは「こんなのどう? こんなのは?」とお互いを挑発しあって、結果思わぬプレー引き出され、繰り広げられる。
人間が他人の力を引き出しあう競演です。贅沢な空間。
そして、音楽セッションにありがちな、やってる人だけ楽しいというポピュラリティの欠損がないこと。
彼らにはポピュラリティがある。
初めて観たに違いないお客さんで埋め尽くされた客席が笑顔でほころんでいく様をはっきりと、私は観た。
猫沢エミが今回CDを出すに当たっての葛藤は私がグダグダ書くのもナンなんで、ここを参照していただきたい。本当に狙い通りのアルバムに仕上がっていると思う。
私は熱量に恋をする。
シャッターを切りたくなったり、「いらっしゃいませ」の声を弾ませたり、夜中に猛烈に文章を書散らしたりする方法で、私の恋は発露する。
熱量があがる。
世の中に恐怖と悲しみと憎しみがあるのを、私は理解していないかもしれない。
この種の熱量があちこちで発生して世界を暖めれば、変わるんじゃないかと思っている。
それをつないだり、足りない部分を補ったりして、世界の中に存在する熱量が損なわれることのないように、少しでも増えるように、そういうことに身を捧げたいと漠然と思っている。
今週土曜日の14日、19時から渋谷のサラヴァ東京で、素晴らしい熱が生まれます。
(昼間は入谷でも生まれる予定。)どうぞお運び下さい。後悔させません。
興味があるよ! 行けるよ! というあなたは kanakisystem@gmail.com まで連絡されたし。

▲この記事に対してtwitterでつぶやけます。
スポンサーサイト - -

▲この記事に対してtwitterでつぶやけます。
COMMENT